本文へスキップ

整体師リンパセラピスト資格取りませんか大阪中央区谷町、整体師養成・カノン

電話でのお問い合わせはTEL.06-6944-0840

〒540-0026 大阪市中央区内本町1-3-10
内本町ビューハイツ401号

無資格施療について

無資格施療については 再下段新聞をご覧ください 以下に開設

無資格診療について<解説>平成4年11月
無資格医業者=療術師
 一般に、医業に従事する者は、有資格者を原則とするが、例外として
「無資格者」が「医業類似行為」をすることも許される。
 その無資格者を「療術師」と呼び、現在では「カイロプラクティック療法師
」がその主なものであるが「気功師」及び「中国医療気功整体師」及び
「整体・療術師」なども、この範疇に入る「療術師」である。
「療術行為」とは何か
 医師法第17条にいう「医業」とは、医行為を業とすることであるが、この
医業の周辺にあって、<医業ではないが、似かよった面のある治療法>を、
法律上「医業類似行為」という。
 このうち、制度化されているものが「あん摩・マッサージ・指圧、はり・きゅう、
柔道整復術」であり、制度化されていないものが「療術行為」である。
 なお、「医業類似行為」の言葉の使用は、広義では「あん摩・マッサージ・
指圧、はり・きゅう、柔道整復、療術」を指し、狭義では「療術」のみを指す
場合がある。
「療術」を認めた「最高裁判所」の判決
昭和33年「療術法制」を根幹から揺るがす、最高裁判所の判決があった。
この判決が「療術の法制に及ぼす影響は極めて大きく、療術行為」の現状は、
この判決を中心に現在も動いている。
結論をいえば、最高裁判決は「無資格療術」を認めたのである。
その判決は次の通りである。
<判決要旨>
 1、あん摩師、はり師、きゅう師及び柔道整復師法第12条・14条が、医業
類似行為を業とすることを禁止処罰するのは、人の健康に害を及ぼす
おそれのある業務行為に限局する趣旨と解しなければならない。
 2、上のような禁止処罰は公共の福祉上必要であるから前記第12条。
第14条は憲法第22条に反するものではない。
主文
 原判決を破棄する。
 本件を仙台高等裁判所に差し戻す。
判決を解説する
この判決の骨子は「如何なる療術行為が法律上禁止・処罰されるかについて
判示」したものである。
その内容は次の通り、
(1)あん摩師等12条、14条は違憲ではない。
(2)「療術行為」の中で、人の健康に有害のおそれあるものに限り禁止、
処罰される。(有害でな  ければ禁止されない)というものであり判決のあった
翌日の大新聞は、「有害でなければ療術は 誰 でも出来る)として、
大見出しで報道した。
無届者の治療行為も可
 この最高裁判決で注目されるのは、「届出をしていなくても、有害のおそれ
がなければ、禁止・処罰の対象とはならない」とされたことである。

自主規制・倫理制必要
 しかし、であるが故に療術行為者は、自ら衿を正すことを忘れてはならない。


☎番号06-6944-0840
大阪市中央区内本町1-3-10 内本町ビューハイツ401号 
カノン 講習係まで

内容資料ご希望の方は電話 メールにてご連絡ください
お送りします。整体師講習会問い合わせ
 

information

リンパエステ協会ロゴ
動功整体師ロゴ

リンパマッサージ・
整体師養成・カノン

〒540-0026
大阪市中央区内本町1-3-10
内本町ビューハイツ401号
TEL.06-6944-0840
FAX.06-6944-0840
info@e-kanon.jp


リンパマッサージ資格講習  01 
リンパマッサージ講演会PTA 001 
リンパマッサージ講演会関西電力 
リンパマッサージ講演会イトキン 
リンパマッサージ講演松下電工 
リンパマッサージ講演阪急百貨店 

もっと見たい方は↓
Youtube整体師リンパセラピスト映像案内講演会講習会映像!