トップページ整体師資格学校(スクール)短期集中コース募集中

カノンのホームページへようこそ。

動功整体師協会・リンパエステ協会

カノンは実践的な指導養成を目指しています。

整体師・リンパエステシャン養成セミナーをおこなっています。

少人数で直接指導をしています。

自立開業をお考えならば!、考えている暇があるなら、まず動功整体師、短期コースを受けて見られては、いかがですか。!!

整体師資格講習(学校)スクール短期集中3日間コース

整体師短期集中コース(3日間コース)

 

整体師資格 短期集中コース 3日間 大阪にて

整体師短期集中コース(3日間コース)

 

整体師資格講習短期学校集中コース

整体師短期集中コース(3日間コース)

 

 

整体師資格受講風景短期集中コース大阪カノン

整体師短期集中コース(3日間コース)

 

リンパマサージ講習会神戸にて

「自分でできるリンパマッサージ」セミナー講演会

 

整体師資格講習短期集中コース手技、大阪にて

整体師短期集中コース(3日間コース)

整体師資格講習短期集中認定証授与

整体師短期集中コース(3日間コース)

整体師資格学校(スクール)講習

整体師短期集中コース(3日間コース)

整体師資格講習短期集中2

整体師短期集中コース(3日間コース)

整体師資格講習 短期集中コース

整体師短期集中コース(3日間コース)

リンパエステシャン資格講習短期集中4

整体師短期集中コース(3日間コース)

整体師資格講習短期集中5

整体師短期集中コース(3日間コース)

 

リンパエステシャン資格講習養成

整体師短期集中コース(3日間コース)

リンパマサージ資格講習会短期集中7

整体師短期集中コース(3日間コース)

整体師資格講習短期集中8

整体師短期集中コース(3日間コース)

 

リンパマッサージ資格講習会

リンパマッサージ講演会セミナー

 

 

リンパマッサージ資格講習会2

リンパマッサージ講演会セミナー

 

リンパマッサージ資格講習会3

リンパマッサージ資格講習会短期集中

 

整体師資格講習会短期集中コース9

整体師講習

動功整体師

(気功自発動功応用整体師)資格の概要と施術内容整体師資格の概要

整体師(整体療術師)になる為には、民間の整体学校・整体スクール等で技術を学び、

各整体学校及び整体スクールで民間認定資格を取得する事で整体師(整体療術師)

となります。

整体師(整体療術師)は

国家資格ではありませんので、行政指定の教育機関等はありません。

規模の大小に関わらず、どの整体学校及び整体スクールで学んでも取得出来る

整体師資格は民間の認定資格です。

資格取得後、実際に予約が取れる整体師になれるか否かは、習得した整体の技術内容に

大きく左右されますので、整体師になる事を決め、スクールを選ばれる時はご自身が

納得できる、又は価値観に合った技術であるかについて十分に検討する必要があります。

資格取得後は、就職若しくは独立開業するなど個人の意向により希望する進路を

選ぶことができます。

 

整体の施療内容

施術内容 筋肉の解し、ストレッチ、骨格矯正、骨盤矯正、諸関節調整など

お受けできるお悩み 首痛・肩こり・腕の痛み・背部痛・腰痛・坐骨神経痛・股関節痛・

膝痛・足の痛み・だるさ・ハリ・コリなど です。

禁忌症

整体師資格大阪 禁忌症

○骨粗鬆症 ○ウイルス性感染症

○心筋梗塞 ○厳重な高血圧症

○妊娠中の方 ○出血を伴う病気

○リウマチ など

施療範囲は、上記のとおりです。

特に辛い症状が無い場合でも、多くの方は日々の仕事や生活の中で

疲労やストレスを抱え、知らぬ間に凝りや骨格の歪みが発生した状態で毎日を

過ごされています。

整体師資格大阪 ストレスについて

定期的に整体で疲労物質を除去し、骨格の歪みを整え、自律神経の働きを正常にする

事は健康増進と病気の予防に大きく貢献します。

加えて、整体は西洋医学や東洋医学(漢方)での生活習慣病や難病(禁忌症以外)

の治療と併せて行う事によって、治療効果を高める性質を持っている事などを考えると

整体(療術)師の活躍の場は、多岐に渡ります。女性の自立・社会進出・

生き甲斐づくりを支援

整体師資格大阪 女性整体師

 

女性整体師養成

 

整体は健康増進テクニックであり、

癒しのテクニックです。女性の繊細な部分や優しさは整体施術者

として大きな魅力となります。体格や筋力では不利な女性も、問題なく習得できる事から、

女性が繊細さ・優しさ・力強さの3拍子が備わった整体師になる事ができます。それは、

お客様からすれば非常に大きな魅力となり、女性整体師の活躍の機会を大きく拡げます。

当院でお伝えしている股動整体は理にかなった間接法や、一般的に女性が身に付けるのに

適した癒し技術としてのリラクゼーション、足反射区療法、耳ツボ療法、

動功整体(体の中心、股腰を中心)緩解法、テーピング等々をマンツーマン形式で行います。

当院でお伝えしている整体は、お体に起こるあらゆる不調・症状及び歪みの原因である筋肉の

深い位置にあるコリを解消するという、お体を根本から健康な状態へ導く為の整体技術です。

お客様はあらゆる不調・症状及び歪みを根本から解消して欲しいと願っています。

しかし、整体を利用されるお客様は女性の方が多いので、ワイルドな施術よりも繊細で

優しい施術を好まれる方が多いのです。

整体師資格大阪 女性整体師練習風景

よってそういった女性のお客様のニーズに応える事ができるようになる為、

整体師になりたいと考える女性の方のスクールを卒業した後の活躍の機会を広げ、

整体師としての将来に役立てていただけます。「整体を学び社会に役立つ手に職を持ちたい」

「整体で独立開業したい」

という女性に習得いただき、将来設計にお役立ていただきたいと願っています。

整体で手に職を身に付けたいという女性の方は、是非ご検討ください。

健康と美容に貢献する手技療法

整体師資格大阪 健康と美容に貢献

整体は、骨格矯正や骨盤矯正など体の不調とプロポーションに関わるもので、

健康と美容に貢献する手技療法である事から、男性に比べ女性の利用者が多い手技療法です。

実際にお客様の男女比は4:6と女性のお客様の割合が多く、近年女性の目覚しい社会進出に

伴い、疲れや体調不良を訴える

女性が増えている事から股動整体学院の2007年度以降の利用者の男女比は3:7と女性の

ご利用がさらに増えています。しかし、女性の整体利用者が増える一方で、

実は「整体を受けたいけれど男性の施術は…」と躊躇される若しくは断念される方が少なくないのです。

その理由は、整体は体に触れる手技療法ですので、女性からすると異性である男性の施術に抵抗を感じる為、同姓である女性整体師

整体師資格大阪期待されるじょせい 整体師

の施術を希望したいけれど女性整体師が少ないので受けれないというものです。

同姓である女性の整体師だと施術の際に体を触れられる部位の事など、余計な心配をせずに

整体を受ける事が出来ますし、同姓でしか出来ないお体についての相談もできます。

また、整体を受けたいとお考えの年配の方の中にも、ガッチリした力強い男性整体師では

怖さを感じる方がいらっしゃる為、女性整体師の方がいいというニーズがあります。

以上のように、女性整体師のニーズは、女性のお客様及び高齢者の方の中に確実に存在します。

整体は男性の仕事のように思われている方が少なくないように思われますが、

動功整体で日々お客様のお話を聞く中で「骨格矯正・骨盤矯正○○整体院」→がっちりした

整体師がボキボキッという整体へのニーズは今後益々減少し、繊細な女性整体師へのニーズが

高まっていくと感じています。女性の方で整体師になりたいけれど、整体は男性の職業のイメージがあるので女性では無理なのではないかと躊躇されている方に、

逆に女性整体師が求められているんだという事を知っていて欲しいと思います。

気功自発動功応用整体(動功整体師)とは 

自発動功とは気功施術中に突然、ご自身の体がご自分の意志とは関係なく

勝手に動き出す方がおられます。

整体師資格大阪自発動功応用整体とは

これを自発動功といいます。

気功療法院 カノンでは気功施術中にしばしば自発動功が起きます。

これは、脳内物質の放出により体内の神経細胞が活動し、自律神経や体性神経の

働きによる自発的な体の動きと理解しています。

この自発動功は、体や精神の不調箇所がスピーディーに改善されるための動きと思っていたので

カノンでは当たり前の認識です。

身体が緩み自発動功に入ると自分の意識とは関係なく、

自然に身体が動く自発動功が出てきます。(全員に起こるわけではありません)

自発動功は円を描いたり腰を中心に8の字を描く、胸を開き首を後ろにそる、

首を左右・前後に激しく振る動き、その人の身体が要求している動きが出てきます。

自発動功が出るときはとても気持がいいものです。

また自発動功が出るようになるととても気持ちよく、スットしたと言って

お帰りになります。

今なお現代科学では解明されていない現象が数多く存在してます。

気功自発動功は, いや生命は実に神秘に満ち満ちています。

自発動功は抑制されている脳の一定の部位の、自律性解放の現象で、

気のバランスを取るようにすると、抑制部位の回復によって、

やがて自発的動きも沈静化します。

 自力で機能を目覚めさせるこの自発動功は、全員の皆さんに、起こるわけでは、ありません。

自発した身体は自力で機能を目覚めさせるため、自発動功は勝手に動作を繰り返す、そして、

根っこをたっていくかのように。・・・・この不思議な方法を整体に応用したのが

自発動功応用整体ナノです。

  最高位にランクされる

  自発動功を応用した不思議な療法、気功自発動功応用整体を

  受けてみませんか。(略して動功整体師)

 

動功整体師の内容01

 お客様はたとえば肩こりでお出でになったと仮定します。

整体師資格大阪 肩こりについて

 たとえば肩こりですと、不調箇所をお聞きしたにも関わらず、

肩こり施術をあまり行わず、いつもの通り、通り一辺倒の施術しか行わず、

お客さまにとっては、少ししか肩の施術はしてもらえず、改善もみられない、

なんのためにお店に来たのかわからない!・・・・・・不満だけが残る。

 こんなお店が多くあることを、よく耳にします。

 お店にとって肩こり、腰痛は必須なのです。なのに決められた

手順というか、流れに沿った施術しかしない。

 このようなお店がほとんどなのです。

 お客様が肩こりとおっしゃれば肩凝りは何としても解消してあげる施術、

努力はしなければならないのです。

しかし、キチッと要望に応えた施術をするところは少ないのです。

それは

  1.技術の問題

  2.流れが決まっていて、それ以外はしてはいけないとされているところ

   も、あるようです。

  3.一般的な技術しかなく、解消に導くだけの技術が無い。

  4.時間が無く要望を聞く時間を割くことが出来ていない。

 全くアルバイトなので技術が無い人も多いと聞く。

整体師資格大阪アルバイト店員

 そのアルバイトの方たちは、流れが決まっていて、

 その流れ以外はしてはいけないと、 いわれているところもある。?

 技術が無く、解消に導けない。

 お客様にとって当然不満がつのるわけです。

 それは即ち、リピーターにはなっていただけないお客様であるわけです。

 動功整体師のお教えする内容は、とことん肩こり腰痛は満足して

 いただける ような施術をお教えするのです。

 その内容は、人間が自ら最も効率的に治す行動を観察し、

 その行動を整体に 利用した最も高度な整体法と自負しているものなのです。

 

動功整体師内容03

足・脚はあなたの主治医

「老化は足から始まる」

この言葉を聞いた事のない人はいない事でしょう。

その通りなのです。

整体師資格大阪老化はあしから

20世紀は、人類にとり、かってない科学技術文明の発展

の世紀でした。便利で快適な文化生活を築き上げ、反面、

を最小限にしか使わない生活を文化として受け入れました。

ボタン1つで飛行機も新幹線も動きます。

エレベーターやエスカレーター、自動車により、上下移動

も居ながらにして実現しました。

これが現代の誇らしい文明です。

私達は便利な生活の中で、足を使わずに、老化を

促進させていたのです。

そればかりではありません、頭ばかり働かせて、

足に注意を向けていなかったのです。

整体師資格大阪足に注意

人間の足・脚にある驚くべき能力や、病気との関連、

又その施療(治し方)を、見すごして来ました。

本協会では、30年にわたり足と脚の健康法の実践、

と臨床に基づき、憶測や嘘ではない、事実に即した

報告を致して来ています。

2 1世紀に入り現在の健康保持と言う考えから一歩進めた予防医学に

スポットが当たり始めています。

私達の身体は、現在、確実にストレスが増え続け、

健康をそこなわれています、原因不明の現代病も増え、

薬の副作用も無視出来なくなって来ています。

こうしたなかで、東洋医学への期待が高まり、西洋医学の立場からも

評価されて来ています。

  整体師養成大阪カノンでは短期集中取得できるコースを用意しています

 

動功整体師内容05

整体師資格大阪動功整体、健康とは

 

整体法とは

健康とは何か

「健康とは、どう言う状態なのでしょうか?」

一言で答えるには難しい問題です。

「自然治癒力の旺盛な状態(身体)」と言えます。

自然治癒力とは、生物すべてが持っている本能的な力で、

病気に打ち勝つ力や傷を治す力です。

たとえば、手や足に傷をつくって出血しても、自然に血が止まり、

かさぶたが出来て治っていく、これが自然治癒力です。

また、腐ったものや毒物を食べると吐いたり下痢をしたりします

が、これらも自然治癒力の現れです。

我々が健康に生きて行けるのは、自然治癒力のおかげと言ってよいでしょう。

整体師資格大阪健康は自然治癒力

 

 自然治癒力を支えているのは、ホメオスタシス(恒常性の維持)

の働きで、免疫機能などもこの現象の中に含まれます。

 ホメオスタシスとは、どう言う現象でしょうか。

 たとえば、腕の一箇所に氷の塊を乗せて冷やすと、はじめは血管

が収縮して皮膚の温度が下がります。

 ところが数分すると血管が拡張して、血液が多量に集まり皮膚の

温度を押し上げ、皮膚温が下がり過ぎようとするのを防ぎます。

 このように身体には、外部の環境変化に対して、内部の状態を常

に一定に保っていこうとする積極的な「調節の仕組み」があります。

 外からの変化に対して身体は一定の安定を図ろうとします、

つまり、変化と安定の間を常にゆらいでいる、揺らぎの中で私たちの

健康は保たれているといえるでしょう。

整体師資格 ホメオスタシス(恒常性の維持)と整体法の考え方が密接な

関係にあるわけです。

  「整体」とは、感受性の高い身体と認識しています。

  「カゼーつひかない健康体」です、などと言う人がいますが、

   ほんとにあるのでしょうか。

 整体法の考え方からすれば、そう言う健康体は存在しません。

 適度にカゼをひくのは、体が「敏感」な証拠です、感受性の高い体です。 

 

 

動功整体師内容06

女性は男性より寿命が長い。

ところが、転倒による骨折で、寝たきりになりやすい。

大腿骨を骨折する患者は、国内で年間約1 2万人いるといわれていますが、

そのうち9万人は女性と推定されています。(平成1 8年2月)

男性より骨や筋肉の量が少ない上に、中高年になると、さらに骨折の恐れが

強まる要素が加わる。

 閉経後は、骨を作るのに重要な女性ホルモンが急激に減り、

骨からカルシュウムが血中に溶け出しやすくなるからです、

この状態が進むと、骨がもろくなります「骨粗軽症」になります。

 国の基準では、50~60歳代女性はカルシュウムを1日700ミリ

グラム、70歳以上なら650ミリ・グラムの摂取を目安としています。

 骨に負荷がかかる適度の運動は、骨密度を増やし、筋肉もつく、日光

に当たれば、体内でビタミン「D」も作れます。光線がよい。

整体師資格大阪仙腸関節

 

整体師授業下段の仙腸関節と同様・大事な股関節(こかんせつ)

 胴体と脚を結ぶ「股関節」人体最大の関節で、いわば体の要です。

 立ったり座ったり、歩いたり走ったり、あらゆる体の動きがスムーズに

 行えるのは股関節の動きしだい。

 

          足・脚は第二の心臓

心臓は1分間に約72回も収縮、拡張を繰り返しています。

6000CCの血液を全身に送り出しています、牛乳ビンで約30本以上の

血液を体のすみずみまで送り届けています。

整体師資格大阪足・あし 、脚

 心臓は大変な力を必要としている訳です。

足の先まで入った血液は、足のブエノ、プレッサー(静脈を圧縮するシステム)

と、腹部のスプランクノ、プレッサー(横隔膜などがスポンジの水を絞り

出すようにして心臓に血液を戻すシステム)で、いわゆる

 (ミルキング アクション)と呼ばれている)

重力にさからって心臓に戻ります。

 

動功整体師内容07

 

      大腰筋

「腰椎・骨盤・下肢・大腿骨をつなぐ筋肉群」

  (腰痛と大腰筋)

整体師資格大阪大腰筋

 この筋肉は、腰椎の腹側(横突起)から出て下方に伸び骨盤の中を通り、

大腿骨内側(小転子)に付着します。

 骨盤の外側下方にある股関節を曲げるときに働きますが、

強直して縮まると腰椎の前湾を強め、腰痛が起きます。

  (ギックリ腰と大腰筋)

 朝、顔を洗おうとして少しかがんだ時、ギクッと強烈な痛みに襲われ、

そのまま動けなくなります。

うつ伏せになり腰を少し浮かせると痛みが和らぎます。

この姿勢になるには、股関節を曲げる必要があります。

股関節を曲げるために働く筋肉は、この大腰筋です。

患者さんは、なによりも股関節を曲げて大腰筋をたるませることに

より、痛みを逃れていることになります。

さらに痙撃して神経を締め上げると激痛を発します。

脊柱起立筋はガチガチ、腰の激痛の瞬間に硬直し、背柱や胴体を

動かさないように固定したことになります。

これは、より大きな痛みから逃れるため、反射的な生理反応で、

痛みの原因は大腰筋の痙撃です。

これが背中の急激な硬直を誘発し、身動きならない状態にしている

訳です。

 

 大腰筋は「筋肉の補正下着」

 大腰筋は、お腹の脂肪を支え他の筋肉や神経の機能を促進する

働きをしています。

 この筋肉が衰えると、骨盤が後ろに傾き背骨が湾曲し、猫背になり、

交感神経の圧迫が起き働きが鈍くなり、殿筋や背筋、腹筋などの筋肉が

衰え、だぶつき、くびれのない、だらしないボディラインになります 

背骨、骨盤、大腿骨と続く人体の中枢ラインは、腸腰筋

(大腰筋・腸骨筋)により支えられています。

 大腰筋の最大の働きは、背骨と骨盤を正しく保つことです。

 

動功整体師内容08

整体師授業風景“動功整体法がなぜ必要か?

    高齢・障害者に注意「エコノミー症候群」

     記事:毎日新聞社「2006年了月1 2日」

 エコノミー症候群:車椅子患者も発症「膝より尻高く」注意

 長時間の空の旅・最近では高速道路の長距離、長時間の運転、

などで肺血栓を引き起こす「肺血栓塞栓(そくせん)症

(エコノミークラス症候群)」が、車椅子の難病患者にも発症している

ことが大阪医科大(大阪市高槻市)の調べで分かった。

 同大病院の木村文治・神経内科長は、「車椅子の高齢者や障害者でも

起こると考えられる。

 夏場には特に注意してほしい」と呼びかけている。

 肺血栓塞栓症は、長い時間同じ姿勢をとることで脚などに出来た血栓が血管を

流れて、肺の動脈に詰まる病気です。

 死に至ることも多い。

 発症したのは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)により筋力が落ち車椅子で

生活していた当時61歳の男性。

 04年夏、呼吸困難を訴え、同病院に救急車で搬送された。

 胸部CT検査で、左右の肺動脈に大量の血栓が見つかった。

 すぐに血栓の治療を施し、無事回復。

重度のALS患者では、呼吸に使う筋肉が衰えるため呼吸不全が起こる事がある。

 この男性の場合、血中の二酸化炭素濃度が低く過換気状態で、

ALSの呼吸不全とは状態が違ったため、肺血栓塞栓症を疑い

検査したと言う。。

 

動功整体師内容09

          感 覚 器

         「メカノレセプター」

整体師資格大阪足裏メカノセプター

人間が、立っているときや歩行中の持続的な足の裏への刺激を感知しているのは、

「メルケル盤」であると考えられています。

足の裏では、いくつかの「感覚器」が役割を分担しながら、地面

や床からの情報を感知し、中枢に送っています。

ただし、体のバランスを保ったり姿勢を保持したりする役目を

担っているのは、足の裏の感覚器だけではありません。

関節など他の部位の感覚器も関与していますし、目からの視覚情報や、

三半規管から感知される平行感覚も重要です。

しかし、私達が歩いたり立ったりしているときに、足の裏は、

唯一の外部との接点なのです。

したがって、体を支えたり平衡を保ったりするために外部から得る情
報の多くは、床や地面から入って来るものです。
と言うことは、人間は足の裏からの情報を頼りに2本の足で立ってい
る、と言っても決して過言では有りません。


足の裏の(感覚器)メカノレセプター密度高い。 当然、足の裏の感覚器の機能が

衰えてくればくるほど、姿勢の保持が困難になり、転倒しやすくなると考えられます。

では、足の裏の感覚器の機能が衰える原因はなんでしょうか。

 第一に考えられるのは、老化です。 老化により、足の裏の感覚器が減少したり、

無くなったりすることが明らかになっています 又、数は減らなくても感覚器の

感従性が鈍くなっていくことも十分考えられます。

 第二に運動不足などで足の裏への刺激が少ない状態が続くと、

感覚器の機能も徐ノマに低下していくと思われます。

 

 又、人間の足の裏を冷却すると、感覚器の感度が低下し、うまく

立ったり歩いたりすることが出来ないことが分かっています。

 立ち上がっても、すぐよろけたり、転んだりしやすくなります。

     転倒予防のための足の裏の訓練

 こうした事実は、お年寄りの転倒予防について、重要な可能性を

示唆しています。

 足の裏の感覚器の感度がいいほど、姿勢保持の能力は増し、転倒

予防につながります。

 足の裏の感覚器を衰えさせないためには、足の裏に適度な刺激を

与え続けることが重要です。

整体師資格大阪足裏反射区

 

 

 

 

 

※ ↓ 最下段に各項目の詳細がご覧になれます。 是非クリックしてご覧ください。※ ↓ 

講習お申し込み方法

連絡先 ℡ 06-6944-0840 三坂まで

案内書お送りします。